auユーザーはメガエッグ光を使ったほうが良い理由

この記事では人気のインターネット回線メガエッグ光の特徴や割引についてご紹介します。

「メガエッグ光の特長」

メガエッグ 光は中国エリアを中心に展開している光回線サービスになっています。中国地方では顧客満足度No1を維持しているメガエッグ 光の評判は、快適なネットサービスの利用をすぐに出来るので非常に人気です。

 

最高速度1Gを誇り、大容量コンテンツもストレス無くダウンロードすることが可能なメガエッグ 光を設置することで、家庭はもちろんのこと、会社でも快適なネット接続を得ることが出来るようになっていきます。メガエッグ光の特徴として、Wifiが無料で使用が出来るという点があります。多くのプロバイダでは、Wifi設置に別途料金が発生してくる場合もありますが、メガエッグ光の場合には、初期状態から無線LANが使用できるようになっています。

 

最近はスマートフォン等の普及により、家庭でもスマートフォンやタブレットを日常的に使用する場合も増えてきています。メガエッグ光を自宅に設置しておくことで、家庭内でもネットでの映画やドラマの視聴、ゲームを楽しむことを自由に出来るようになっていきます。メガエッグ光には独自のTVサービスもあり、メガエッグ光に加入するとBSを閲覧が可能になっていきます。スカパー等のサービスに加入するより、アンテナ工事費用等も発生せず、簡単にBSを閲覧できるようになっているのも、メガエッグ光の加入者が増えている理由でもあります。

 

何よりもメガエッグ光が魅力になっているのは、高額なキャッシュバックがある点です。キャンペーンにもよりますが、最大で55000円ものキャッシュバックを受けることがメガエッグ光では可能になっています。また、他の回線とは違い、プロバイダも一括で契約ができるというシンプルな形式でもありますので、初めての光回線の契約の方にとっても安心です。どのプロバイダを組み合わせるのは、意外と悩んでしまうものです。

 

メガエッグ光では、光回線を設置した段階で、すぐに使用が出来るようにプロバイダもセットになっていますので、契約時に余計なことで悩む必要もありません。1Gと電話、テレビのセットで5000円以下という低額での契約が可能になっているメガエッグ光であれば、通信コストも大幅に削減されていくようになっていきます。

「auスマートバリュー」

auスマートバリューと言えば、auひかりを契約した場合の割引サービスだと思われがちですが、メガエッグ 光でも、auスマートバリューは適用されていきます。auのスマートフォンを契約している場合には、メガエッグ 光を契約したほうが、月額で2000円程度も安くなっていく可能性があります。既に光回線を設置している方で、auのスマートフォンを契約している方は、メガエッグ 光に乗り換えを行うことで、大幅に通信コストの削減をしていくことが可能となっていきます。固定電話やテレビサービスもあわせることで、家庭における通信コストは大幅に削減されていきます。

 

また、会社等で営業部隊にauのスマートフォンを持たせているような場合には、メガエッグ 光を導入していくことで、月の経費削減に結びついていくようになります。営業を展開をしていくにあたっての通信コストは大きなウエイトを占めるものです。メガエッグ 光を利用することで、月の営業経費の中で大きなコストを占めていく通信コストの部分が大きく減額されていきますので、利益の向上にもつながっていきます。高額なキャッシュバックもありますので、既に他のひかり回線を導入されている方でも安心して乗り換えを行っていくことが出来るようになっています。auスマートバリューであれば、家族間同士の通話にも割引が適用することができ、遠方に住んでいる家族の間でも安心して時間を気にせず通話を行っていくことが出来るようになっていきます。

 

既にauのスマートフォンを契約されている方も、これから契約を検討されている方でも、メガエッグ 光を導入することで、大幅に月の通信コストは削減されていきます。独自の長期割引コースも提供されていて、光電話とセットで契約することで、トータルでの通信コスト削減を実施していくことが可能なメガエッグ 光であれば、家庭でも会社でも大幅な通信費用の削減を実施できるようになっていくはずです。auのスマートフォンやタブレットと同時に契約をすることで、通信コストが大幅に削減が出来るようになっていき、いつでも自由にネットや電話でのコミュニケーションを実施できるようになっていきます。

 

これから、メガエッグ 光を導入する予定であれば、あわせてauのスマートフォンを契約するのも良いでしょう。

「まとめ」

メガエッグ光は中国エリアで顧客満足度No1の光回線プロバイダになっています。他のプロバイダより高速な回線を使用し、最大でダウンロード速度が1Gという高速さで人気を誇る光回線になっています。他のプロバイダからの乗り換え時に最大で5万円という高額なキャッシュバックと、auスマートバリューのセットにより、家庭でも会社でも大幅な通信コストの削減が可能になっています。メガエッグ光の導入にあたっては、無線ルータもセットになっていますので、初めて光回線を導入する方でも不安なく契約を行っていくことが出来るようになっています。また、プロバイダもセットですので、手間の掛かる設定をすることもなく、導入をしてすぐに高速回線を利用出来るようになっています。

 

 

光電話とセットで契約をすることにより、基本料金と通話料も大幅に減額をしていくことが出来るようになっていき、家庭でも会社でも大幅な通信コストの削減につながっていくようになります。導入するだけでBS放送を見ることが出来る、テレビサービスもあり、メガエッグ光を家庭に導入すれば、通信コスト代金が得になるだけでは無く、BSやケーブルテレビの料金についても割引になっていきます。最大ダウンロード速度1Gという高速接続によって、大容量のコンテンツやゲーム等もストレス無く快適に利用していくことが出来るようになっていきます。

 

 

ネット接続に問題が生じた場合等でも、24時間365日対応を実施してくれる保守オプションが付加されていますので、いつでも安心して利用をしていくことが出来るようになっています。光電話とのセットを利用することで、会社での営業活動に関して発生してくる通信コストも大幅に削減をしていくことが出来るようになり、利益向上を目指していけるようになっていくはずです。

 

 

申し込み時に安心サポートをセットすることで、初期工事費も無料で設置が可能となっていきます。ウイルス対策も最初から施されていて、導入してすぐに安心で快適なネットライフを送れるメガエッグ光であれば、長期的に快適なネット接続を得ることが出来るようになっていきます。

 

また、メガエッグ光の場合には配線についても、他のプロバイダとは違いすっきりした形での配線が可能になっています。配線に気を使わない方もいますが、見た目はすっきりしていたほうが良いものです。auとのセットでの契約、テレビサービス等、いろいろな面で、他のプロバイダより優れているメガエッグ光であれば、どなたでも満足のいくネット接続を得ることができ、快適なネットライフを送れるようになっていきます。中国エリアで顧客満足度No1を誇るメガエッグ光で、満足のいく快適なネットライフを送れるようになっていきます。

フレッツ光の実態

西日本電信電話株式会社と東日本電信電話株式会社が立ち上げているもの。それはいわゆるNTT東日本・西日本です。これはフレッツ光というインターネット環境を生み出し、スムーズそしてスピーディーにメールなど、動画、音楽のやり取りを可能にしてくれている手段といえます。そもそもレッツ光はどのようなカタチで、個人向け、企業向けにサービスを展開し提供しているのでしょうか。また種類はどういうものがあるのかと疑問になったためまとめて記載していきたいと思います。まず企業向けのサービスとしてはビジネスタイプとなっています。これは名の通り主に企業に向けたサービスの展開となっています。そして特長はスループットといって単位時間あたりの処理能力というものが優れていることが特長です。そして個人向けの対応しているサービスはベーシックタイプといいます。これは企業から個人までの範囲を対応しているサービスとなっているようです。もちろん金額的には企業向けのほうが高くなっています。これは企業には複数台のPCを対応しているということもあるようです。個人向けとは言っても小さな事務処理の対応は個人向けで十分だと思われます。参考にされてみてはいかがでしょうか。

学生にオススメのインターネット環境はこれだ!!

2016年2月にWiMAX2+さんと契約をしました。もともと使っていたパソコンが重くて、持ち運びしにくかったので、Macbook Airを購入するのと同時に契約しました。学生にとって、学校への持ち運びやカフェで課題をすることも多いと思いますので、モバイル端末のWiMAX2+はオススメです。私もモバイル端末とMacbookに変えてから、学校のパソコンをわざわざ借りることも無くなりましたし、パソコンの作業に集中したい時にすぐにカフェへ行って作業をしています。キャンペーンの内容として、同時に契約するとMacbookが6万円びきになるキャンペーンでした。月々の料金がかかりますが、Macbookの費用をかなり安く抑えることができましたので、学生の僕にとってはとてもいいキャンペーンでした。この会社にした理由は3つあります。それは、通信制限がかかりにくいこと(通信料の上限が高いから)、制限にかかったとしても、制限のレベルが動画を見たりすることにほとんど支障がないくらいということ、そして制限されても三日で元に戻ることの三点が決め手でした。その前に使っていた回線は、自宅用のフレッツ光でしたので、屋外で通信ができず、家でしかパソコンの作業ができないので困っていました。WiMAX2+の月々の料金は月約6000円で、もともとのフレッツ光とさほど変わらないので、それでいてこのスペック、サービスはとてもいいと思います。実際に屋外で使っても通信速度は落ちたりもしませんし、実際に通信制限にかかることはほとんどないです。わかりにくかったことは、様々なプランがあることと、通信しにくい場合の課金プランですが、、店員の方(新宿ヨドバシカメラ様)がしっかり説明してくださりました。欲をいえば、端末のデザインをかっこよくして欲しいですね。プランごとにデザインが違うのですが、私が購入した時は一つのプランでデザインが3つでした。他のプランのデザインがカッコよくて欲しかったので、そこだけが心残りです。

知らなかったPocket WiFiの速度制限 「YM4G+プラン」Y!mobile Pocket WiFi

今使用しているインターネットはエディオンネット「YM4G+プラン」Y!mobile Pocket WiFiです。契約してちょうど1年経過したくらいです。
元々インターネットに加入するつもりはありませんでしたが、家電量販店にてMac Airを購入しようと思ったときに、加入するとMac Airが少し割引になると聞いたのでそのまま話を聞き加入する流れになりました。それまでは、スマートフォンのみでインターネットを閲覧しており、PCはありましたが、インターネットが使えない状況で使用していませんでした。日々の生活には何の苦労もなかったので気にしていませんでしたが、PC購入を機にインターネットをつなげようと思いました。
料金は月額3,696円(税抜)の2年契約。途中解約すると解約金が発生してしまいます。固定のインターネットともそんなに値段が変わらない上、Pocket WiFiなので持ち運びができるかと思い契約しましたが、7GBしか使用できない上、大阪のヨドバシカメラに入った際何故か電波が入らなかったことがあります。
子供が携帯で動画を見る時期があったので、持ち運べるようにPocket WiFiにしたのですが、速度制限があるため動画も見られず、動画を見ていなくても通常使用で毎月20日頃には7GBを使い果たしてしまいます。
速度制限は解除できるのですが、500MBずつで毎回電話しなければいけません。
24時間の音声案内であれば便利なのですが、10:00-21:00の営業時間内に窓口に電話し、Pocket WiFiの番号を口頭で伝えなければいけません。500MBなんてあっという間になくなるので、月末までに3回程度電話することもあります。
月初になるとリセットされるので、毎回月末が苦しくなります。あまりインターネットを使用しない人にはいいかもしれませんが、動画を閲覧するような方にはオススメできません。
インターネットの繋がりやすさに関しては、固定には劣りますが比較的スムーズに表示されます。画像が多いサイトなどは表示に時間がかかりますが、そんなに気にしていません。
しかし、動画も見られず、毎月速度制限に不便しているので、2年経過後はもう固定回線にしようと思っています。

長期利用者には割引を NTT東日本フレッツ光マンションタイプ(VDSL方式)

2007年、現在の賃貸マンションへ引っ越すときに光回線を申込しました。それまではNTT交換局が近かったのでフレッツADSL専用線40Mを使っていましたが、引っ越し先は交換局から離れることと、管理会社からマンションに光回線の設備があることを確認したので、フレッツADSLの廃止とBフレッツの申し込みを116で申し込みをしました。ただし、07年当時は他社光が設置されていなかったため、これしか選びようがありませんでした。また、116で申し込みをしたため、キャンペーンは工事費用が無料になっただけでした。
月額料金はプロバイダ込みですと、ADSLを固定電話なしの専用線という割高な線を使っていたので6000円ほどでしたが、フレッツ光に切り替えてからは5000円ほどと、むしろ下がりました。
速度はADSLもフレッツ光も「あまり変わらない」というのが偽らざる実感です。速度は普段から安定しており、インターネットでホームページを見る・Youtube等の動画を見る程度では、動きが遅いと感じることはあまりありません。最大速度は100Mですが、ダウンロードもアップロードも長くて2分程度ですぐに終わるので、必要にして十分だと思っています。
そこで出てくる不満が、月額料金です。
今住んでいるマンションは最大100Mどまりです。それは設備の都合上仕方ないとしても、古くなった100Mと最新の1ギガ・2ギガと月額料金が一緒なのはなぜでしょうか。ADSLを利用していたときは、最大速度によって月額料金が異なっていました。それと同様に、光回線も最大速度が異なれば料金が異なってもいいはずなのに、そうなってはいません。さらにいえば、長期に利用しているのになかなか安くなりません。NTTも営利企業だから料金を下げたくないのはわかりますが、5年とか、10年とか、それ以上とか、長期の利用者にはさらなる割引があってもいいと思います。
いろんな条件を付けていいから、もっと安くしてください。

auでiPhoneを使っていますが、どうなのでしょう・・・

iphone6plus を利用しています。今回は、家電ライター昇竜さんの情報を紹介させていただきます。

———

初めまして、家電ライターの昇竜と申します。本日は私の利用しているiphone6plusのご紹介をさせていただきます。何卒よろしくお願い申し上げます。

まずこちらのスマホ、なにが優れているかというと
「画面が大きい」
というメリットがあります。

これはすなわち大画面で映像、動画が見れるということ。
映画等をITUNESで購入したものは大迫力で見れますよ!お勧めはハリウッド映画です。

つぎに
「液晶が丈夫」
でしょう。
私は過去3回こちらのスマホを地面(凹凸がある)にたたきつけ画面から落ちましたが無傷でした。
あくまで私の体感ですが耐久面は相当タフな仕様です。

wakamono (6)

アプリの使い勝手について述べると、こちらも合格でしょう。
一部アプリはANDROIDが先行リリースされることもあり、スマホゲームをやるならIOSは今イチという評価を受けやすいですが
それはiphone社の審査がそれだけ実直で思慮深いということ。変なアプリに引っかかることもないので安心して使えます。

さらに回線も4Gと申し文ありません。

さらに個人的に気に入ったいるのが
「ボイスメモ」の優秀性です。
はっきり言うとそこんじょそこらのICレコーダーはまずかないません。それくらいiphoneのボイスメモは高音質です。
実際、会議などの議事録を作成するため用いてますが、あまりの音質の良さにそのまま文字起こしが不要なのでは。と思うほどです。
以上が私の勧めるiphone6plusのおすすめポイントです。

最後までご拝読誠にありがとうございました。

体験談:au携帯を使っていたのでネットに申し込んでみました!!

京セラのTORQUE G01を利用しています。このスマートフォンは、何よりもアメリカのペンタゴンが認めたその丈夫さが売りです。

他のスマホなどと異なり手元から滑って落ちた程度では画面が割れることは一切なく、かなり手荒に扱っても、壊れることはほとんどないと言える程度の耐久性を誇っています。私はイラッときて携帯電話を投げることが時たまあるのですが、これまでの機種は一度投げると殆ど画面が割れたり、角が無くなったり、中のメモリが損壊したりしていました。ですが、このスマホは10回以上そんなことをしているにもかかわらず、少し裏面の柔らかいプラスチック部分に傷がついた程度で、目立った傷も動きの支障もありません。また、このスマホを海に行ったときにうっかり落としてしまったことがあるのですが、それもものともしていませんでした。塩水に耐えられるスマホはほとんどないらしく、このとき私はこのスマホでよかったとつくづく思いました。

fe4ce1df9e444876113bcc2dbaff312c_m

不便な点は少し熱くなりやすいことと、少し重いことでしょうか。充電しながらアプリを起動していると時たま熱を持ちすぎて充電が停止することがあり、それは少し不便だな、と感じました。また、重量に関しても物によりますが、他のスマホと比べて2倍以上の重さがあります。なので携帯すると少しずっしり感じるかもしれません。
ですが、それを差し引いても、この丈夫さはこのスマホでなければない要素です。壊れにくいスマホが欲しい人にはぜひおすすめしたいです。

auひかりにするなら

現状の毎月のネットのためのお金と家庭電話の乗り換え分のギガ得プランを足した金額を、光回線だけの必要なプランと電話の合算でじっくりと比較してみれば、料金的にはそれほど変わらないと思います。今すぐどちらが有利なのか、キャンペーンも含めて検討しておくのがいいですよね。

wakamono (5)

インターネット新規導入にあたって最も注目するところは、速度と費用じゃないでしょうか。とことん、費用やキャッシュバックの金額を調べ上げたいという方もいるでしょうし、提供されるサポート体制であるとかカスタマー対応の内容によって選択するのもアリです。いずれにしてもあなたの生活にピッタリなものを選んでください。

auひかりはエリアが狭い・・・

e7eea3ae7095e17b1f38488b11dfb244_m

・・・ということを、ご存知ですか?集合住宅であるマンションに、光インターネット回線を導入するときと、普通の住宅にお住まいで独自に光インターネット回線を新規に導入する場合では、料金がかなり違います。いわゆるマンションタイプとホームタイプという区分けです。マンションタイプの場合はONUと呼ばれる装置が設置されているかどうかがポイントです。二つとも他社からの乗り換えサポート割引が適用され、月額の料金も大きく異なり、集合住宅であるマンションの方が、毎月必要なギガ得プランに関しては低価格のようです。
とりあえずauひかりでネットをやってみておいて、一定の期間が経過してから異なるBIGLOBE光やSonet光に変えていただく。こういうことも問題ありません。違約金は乗り換えサポートで賄えますから。一つの契約期間が2年間の契約にしている業者もかなりあるようなので、2年経過後の解約月での乗り換えがお得になると思います。

一言でいえば、「世界中のインターネットにユーザーの様々な端末(スマホ、タブレット、パソコンなど)を着実につなげる」ことをやってくれるのが、インターネットプロバイダーの役割であることを忘れずに。auだけでも、DTI、Sonet、BIGLOBE、など多種多様です。
結局光回線というのは、古い固定電話を使用せずに、ゼロから光ファイバーを使って回線を敷設していくという方式の接続サービスだから、昔ながらの固定電話がない状態からでもお使いいただけます。
インターネット利用料金の平均価格というのは、独自の施策などによってもどんどんその料金がかなり変動します。ですから「安い」か「高い」かについて容易に判別できる仕組みではないのが難しいところです。なお、お住まいの場所が異なることによっても、サービス提供業者が異なれば料金も変わってくる仕組みです。


みなさんご存知のauひかりの対応エリアとされている範囲の中なら、なんと全国どこでも一律に提供される速度は、驚きの最大1Gbps(理論値)だったりします。NURO光は2Gbps。身近なCMでもおなじみのauひかりは、全国のどのエリアにいても抜群にハイスピードかつ安定したインターネット環境が提供できます。
基盤のしっかりしているauひかりは、いろいろな光回線業者の中でも、ほとんど地域をカバーするサービスの範囲や、提供サービスの良さという要素で、NTT東西が提供するシェア1位のフレッツ光でも決して引けを取らないネット接続の環境で事業展開していることで注目されています。