フレッツ光の実態

西日本電信電話株式会社と東日本電信電話株式会社が立ち上げているもの。それはいわゆるNTT東日本・西日本です。これはフレッツ光というインターネット環境を生み出し、スムーズそしてスピーディーにメールなど、動画、音楽のやり取りを可能にしてくれている手段といえます。そもそもレッツ光はどのようなカタチで、個人向け、企業向けにサービスを展開し提供しているのでしょうか。また種類はどういうものがあるのかと疑問になったためまとめて記載していきたいと思います。まず企業向けのサービスとしてはビジネスタイプとなっています。これは名の通り主に企業に向けたサービスの展開となっています。そして特長はスループットといって単位時間あたりの処理能力というものが優れていることが特長です。そして個人向けの対応しているサービスはベーシックタイプといいます。これは企業から個人までの範囲を対応しているサービスとなっているようです。もちろん金額的には企業向けのほうが高くなっています。これは企業には複数台のPCを対応しているということもあるようです。個人向けとは言っても小さな事務処理の対応は個人向けで十分だと思われます。参考にされてみてはいかがでしょうか。

学生にオススメのインターネット環境はこれだ!!

2016年2月にWiMAX2+さんと契約をしました。もともと使っていたパソコンが重くて、持ち運びしにくかったので、Macbook Airを購入するのと同時に契約しました。学生にとって、学校への持ち運びやカフェで課題をすることも多いと思いますので、モバイル端末のWiMAX2+はオススメです。私もモバイル端末とMacbookに変えてから、学校のパソコンをわざわざ借りることも無くなりましたし、パソコンの作業に集中したい時にすぐにカフェへ行って作業をしています。キャンペーンの内容として、同時に契約するとMacbookが6万円びきになるキャンペーンでした。月々の料金がかかりますが、Macbookの費用をかなり安く抑えることができましたので、学生の僕にとってはとてもいいキャンペーンでした。この会社にした理由は3つあります。それは、通信制限がかかりにくいこと(通信料の上限が高いから)、制限にかかったとしても、制限のレベルが動画を見たりすることにほとんど支障がないくらいということ、そして制限されても三日で元に戻ることの三点が決め手でした。その前に使っていた回線は、自宅用のフレッツ光でしたので、屋外で通信ができず、家でしかパソコンの作業ができないので困っていました。WiMAX2+の月々の料金は月約6000円で、もともとのフレッツ光とさほど変わらないので、それでいてこのスペック、サービスはとてもいいと思います。実際に屋外で使っても通信速度は落ちたりもしませんし、実際に通信制限にかかることはほとんどないです。わかりにくかったことは、様々なプランがあることと、通信しにくい場合の課金プランですが、、店員の方(新宿ヨドバシカメラ様)がしっかり説明してくださりました。欲をいえば、端末のデザインをかっこよくして欲しいですね。プランごとにデザインが違うのですが、私が購入した時は一つのプランでデザインが3つでした。他のプランのデザインがカッコよくて欲しかったので、そこだけが心残りです。

知らなかったPocket WiFiの速度制限 「YM4G+プラン」Y!mobile Pocket WiFi

今使用しているインターネットはエディオンネット「YM4G+プラン」Y!mobile Pocket WiFiです。契約してちょうど1年経過したくらいです。
元々インターネットに加入するつもりはありませんでしたが、家電量販店にてMac Airを購入しようと思ったときに、加入するとMac Airが少し割引になると聞いたのでそのまま話を聞き加入する流れになりました。それまでは、スマートフォンのみでインターネットを閲覧しており、PCはありましたが、インターネットが使えない状況で使用していませんでした。日々の生活には何の苦労もなかったので気にしていませんでしたが、PC購入を機にインターネットをつなげようと思いました。
料金は月額3,696円(税抜)の2年契約。途中解約すると解約金が発生してしまいます。固定のインターネットともそんなに値段が変わらない上、Pocket WiFiなので持ち運びができるかと思い契約しましたが、7GBしか使用できない上、大阪のヨドバシカメラに入った際何故か電波が入らなかったことがあります。
子供が携帯で動画を見る時期があったので、持ち運べるようにPocket WiFiにしたのですが、速度制限があるため動画も見られず、動画を見ていなくても通常使用で毎月20日頃には7GBを使い果たしてしまいます。
速度制限は解除できるのですが、500MBずつで毎回電話しなければいけません。
24時間の音声案内であれば便利なのですが、10:00-21:00の営業時間内に窓口に電話し、Pocket WiFiの番号を口頭で伝えなければいけません。500MBなんてあっという間になくなるので、月末までに3回程度電話することもあります。
月初になるとリセットされるので、毎回月末が苦しくなります。あまりインターネットを使用しない人にはいいかもしれませんが、動画を閲覧するような方にはオススメできません。
インターネットの繋がりやすさに関しては、固定には劣りますが比較的スムーズに表示されます。画像が多いサイトなどは表示に時間がかかりますが、そんなに気にしていません。
しかし、動画も見られず、毎月速度制限に不便しているので、2年経過後はもう固定回線にしようと思っています。